住宅購入の最適なアドバイスを行います 新潟県東区石山|鷲津ファイナンシャルプランナー事務所

住宅を購入する側に立った、公正・中立なファイナンシャルプランナー事務所

  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
  • 鷲津ファイナンシャルプランナー事務所

HOME ≫

鷲津ファイナンシャルプランナー事務所のご案内

住宅購入に関してこのようなお悩みはありませんか?

住宅購入に関してこのようなお悩みはありませんか?
  • マイホームが買えるか?
    (住宅ローンが借りられるか?)
  • 住宅ローンが返せるか?
  • マイホームを買う時期は今なのか?

弊社がそのお悩みをズバリ解決いたします!

住宅購入を真剣に考えていらっしゃる皆さまこんにちは。
ファイナンシャルプランナーの鷲津 健です。

私は2005年にFP事務所を開設し、数多くの住宅購入相談を有料で行ってきました。
その中でご相談者様が不安や疑問に思っている点は、主に上記の3つであることがわかりました。

家を売る側ではない、
「専門家のアドバイスが聞きたい」
という皆様の声に、
ズバリお応えいたします!
マイホームが買えるか(住宅ローンが借りられるか)
ようするに住宅ローンの審査が通るかどうかです。
カードローンを過去に遅延した方や、
転職間もない方でなければほとんど大丈夫です
銀行審査では『返済比率』といって、年収に占める年間の住宅ローンの返済額に上限を設定していますが、そもそも上限を超えるような住宅購入プランは無謀ですので計画そのものを見直す必要があります。
住宅ローンが返せるか?
住宅購入の最大の不安は、住宅ローンを払いながら教育費や老後資金が確保できるかどうかです。教育費のピークは大学4年間です。
その間の一時的な赤字はしかたないにしても、
貯金が底をつかないように
対策を練らなければいけません。
また、今後ますます人口減や高齢化が進み、公的年金だけではゆとりある生活が厳しくなっていくと予想されますので、自助努力で個人年金や資産運用の重要性が増していきます。
さらに、家を買うときには共働きでも、出産や子育てなどで仕事も辞めたとたんに返済が苦しくなるケースが多いので注意が必要です。
マイホームを買う時期は今なのか?
2017年4月、消費税が10%にアップします。
『引き上げ前に駆け込むべきか』
例えば3,000万円の建物に
8%の消費税がかかると3,240万円ですが、
10%になると3,300万円です。
60万円の差がでます。
家を買うつもりがあるならば今が買い時。
そう考えるのはしごく当然のことでしょう。

ほかにも
『省エネ住宅ポイント』(最大30万円相当の商品券がもらえる)
『住宅ローン減税』(年間最大50万円減税)
『住まい給付金』(最大50万円給付) など、
お得な制度が目白押しです。
チラシや広告、住宅の営業担当者も『お得感』を最大にアピールしてくるでしょう。
ただし、とにかく10%に上がる前に、
お得な制度があるうちに買わねばと、
あせるのは禁物です。
住宅購入はライフプランの1つです。先ほど述べましたが、住宅ローン返済中に教育費の確保、老後の生活費の準備も必要です。
また、住宅購入時は絶好の『保険見直し』のチャンスでもあります。
なぜならば住宅ローンを組むと
団体信用生命保険に加入が義務付け(住宅金融支援機構は加入任意)になり、
契約者に万一の時に住宅ローンの残債が免除になります。
したがって、
生命保険の死亡保障を減額できる可能性が高いのです。

プロが最適な住宅購入のアドバイスを行います

住宅購入は人生の最大の買い物と言われていますが、
教育資金、老後資金、生命保険の見直しなど
あらゆるライフプランと密接な関係にあります。
住宅購入相談では『キャッシュフロー表(将来の家計簿)』を作成し、現在から将来の家計の変化を把握し、夢や目標が叶うのか、家計が赤字にならないかを確認した上で住宅購入プランをご提案いたします。
caflow
【キャッシュフロー表のサンプル】
 
お客様のライフプランにあった
最適の住宅購入プランを
ご提案いたします!
安心しておまかせください。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
お電話の場合はこちらから
090-3145-6987
鷲津ファイナンシャルプランナー事務所
090-3145-6987

ご案内

モバイルサイト

鷲津ファイナンシャルプランナー事務所モバイルサイトQRコード

鷲津ファイナンシャルプランナー事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

  • 日本FP協会